知っておきたいクリアファイルの作り方や活用法|Package Design

初めてのクリアファイル注文なら

仕事や学習など様々なシーンで役に立つクリアファイルですが、注文をする際はいくつか知っておきたいことがあります。なのでQ&Aを参考にチェックしてくださいね。

クリアファイルに関するQ&A

材料は何でできていますか?

クリアファイルの材料は主にポリプロピレンを使用しています。ほとんどが半透明で厚みは0.2mm程度になります。

サイズは選べますか?

一般的なA4サイズ以外にもA5~A6、B5サイズなども選ぶことができますよ。

デザインや色は選ぶことができますか?

クリアファイルのデザイン色などは業者によっても異なるので、色やデザインの選択ができるかは直接問い合わして確認しましょう。

クリアファイルは何枚から注文が可能ですか?

業者や印刷の方法によっても異なりますが、オフセット印刷なら500枚からの注文が目安となります。シルク印刷であれば100枚からが目安となります。

使い勝手が良い

ファイル

学生であればプリント類を挟むときに利用し、社会人であれば書類を挟んだりすることも多いものの一つがクリアファイルです。現在では格安で購入することができる他、キャラクターのデザインのもの、また販促グッズとしても利用することができます。そんなクリアファイルですが、その大きな魅力といえば、やはり使い勝手が非常に良いので、生活のさまざまなシーンで活用できるということでしょう。

幅広い年代で使える

ファイル

文具の中には利用する年代がある程度限られており、どの年代でも使うわけではないというものも少なくありません。しかしクリアファイル自体は学校のプリントを挟んだり書類を挟んだりと、さまざまな場面で活用されています。だから、利用する年代も幅広く、小さなお子さんから高齢の方まで、さまざまな人が色々な場面で利用しています。また、ただ単に紙を挟むだけのタイプ以外にも、ポケットが付いていたりするものもあり、使うシーンに合ったものを選ぶ事も可能です。

邪魔にならない

現在では断捨離を行う人も決してすくなくありませんし、ミニマムな生活を望む人も多く存在しています。だからものを増やしたくないという人も少なくない状態となっているのですが、クリアファイルに関しては例外かもしれません。なぜなら、ファイル自体は非常に薄くなっており、ほとんど邪魔になってしまうこともないからです。保管していてもほとんど邪魔になることもなく、使いたいときにさっと出して使うことができるのは、クリアファイルの大きな魅力的だと言って良いでしょう。そのため、さまざまな文具がありますが、その中でもクリアファイルは利用される事も多く、またお土産とかでも選ばれることが多くなっています。

色々な用途で使える

文具の中には決まった使い方しかできないものも決して少なくなく、それぞれの用途で使い分ける人も多くいます。クリアファイルに関しても、たしかにファイリングするときに利用するのが一般的となっていますが、それ以外でも使えます。例えばブックカバーを作ったり、カトラリーの収納グッズとしても利用したりすることができるようになっています。もちろん他の文具を収納する時にも利用することができるようになっているので、家の中の色々な所で利用できると言っても良いでしょう。そのため、クリアファイル自体は人気を集めており、多くの人が利用する状況となっています。

広告募集中